読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ペン

気になるニュースをチェック

海外旅行で余った外国通貨を電子マネー化できるサービス「トラベラーズボックス」が成田空港でスタート

f:id:nisi617:20160729021827p:plain

旅行総研の調査によると、海外旅行から日本に持ち帰ってタンスに眠る外国通貨は年間で3,846億円にも上るそうです。(調査期間:12年7月~13年6月)

そんな扱いに困る外国通貨を有効利用できる日本初のサービスが、7月29日から成田空港でスタートします。

スポンサードリンク

 

外国通貨を電子マネーに換えることができる便利なシステムとは、イスラエルの会社が開発したトラベラーズボックスTravelersBox)という名の自動両替機です。

 

サービスの使用手順

  1. アップル音楽配信サービスiTunesや、クレジットカードのプリペイド機能など、12種類の中から交換したい電子マネーをタッチパネルで選択します。
  2. それから通貨投入口に外国の紙幣・硬貨を入れると、電子マネーと交換できる仕組みです。
    手数料は2~4割ほどとちょっと高めです。

7月29日のサービス開始日から利用できる通貨は、米ドルユーロ人民元4種類ですが、今後対応通貨を増やすほか、通販サイトAmazon電子マネーや、Bitcoinなどにも交換できるようになる予定とのこと。

 

トラベラーズボックスは、すでにイタリアカナダなど、6カ国でサービスを開始しており、月に1台あたり200万円から300万円分の通貨が交換されているそうです。

 

成田空港を初めとして、今後日本全国の空港でサービスが広がっていく予定とのことです。

 

スポンサードリンク